年齢肌を上手にカバー|敏感肌の人にも最適な化粧品がある|コスメで体が変わります

敏感肌の人にも最適な化粧品がある|コスメで体が変わります

年齢肌を上手にカバー

洗顔

ファンデーションの塗り方

顔に影を落とすシミの存在は、誰しも気になってしまうことでしょう。薬を飲んでも、すぐに消せるというわけではありません。「明日は娘の入学式、シミをすぐに隠さなければいけない」、そんな時に便利なのが、シミ隠しの化粧テクニックです。シミが目立たなくなる化粧品にはどのようなものがあるでしょうか。 シミ隠しといった時に困るのが、「厚塗り」です。シミの濃い部分に合わせて塗るとどうしても厚くなってしまうし、逆に薄い部分に合わせると全く隠れていなかったりといったことが。特に、シミが広範囲に及ぶ場合には苦労が絶えません。 このような時には、まずはシミの最も薄い部分に合わせて顔全体にファンデーションを塗ります。その後で気になる部分に重ねづけしてください。そして、指やパフを使って、ベース部分との境目をポンポンと叩くように丁寧に伸ばしましょう。そうすることで、境目が目立たずに上手にシミをカバーできます。 シミ隠しをするだけで、顔はグッと若返ります。あなたも一度試してみませんか。

ポイントは柔らかさ

シミ隠しにファンデーションを使用する場合、割合に自由に伸ばすことができる、リキッドタイムやスティックタイプのものがおすすめです。これでしたら塗った後にも自由に伸ばすことができます。 シミ隠しというと思い浮かぶのがコンシーラーですが、薄いシミでしたらファンデーションだけでも十分です。そこで熱い視線を集めているのが、このリキッドタイプやスティックタイプのものです。これでしたら顔の上で自在に伸ばせるので、たくさん塗っても厚塗りに見えにくいのです。その上からパウダータイプのものを叩きつければ、より自然に、美しくシミを隠すことができるでしょう。コンシーラーも重ねづけができる柔らかいタイプのものがおすすめです。 シミがカバーできると、周りの景色も変わって見えますし、何より自分に自信がわいてきます。気軽にシミ隠しメイクにトライしてみましょう。